×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

EVENT

サイエンスカフェはりまNo.17&サイエンスツアーNo.1
「鹿ヶ壺の甌穴群と地層、千年家を訪ねて」


内容
 林田川の源流鹿ケ壷一体は、地学上、甌穴(おうけつ、ポットホール) と呼ばれる大小様々なすり鉢状の円孔が見られます。その 特異な景観の成り立ちや周囲の地層の秘密などをゲストの 新井敏夫さん、木村一成さんに伺いながら、涼しい沢散策 をお楽しみください。また道中にある千年家と呼ばれる築 四百年を優に越す古民家を訪ね、埋蔵文化財センターの森 恒裕さんにお話を伺います。夏休みの一日、古人の生活に 思いを馳せながら、自然と歴史を知的に満喫しませんか。

ゲスト: 新井敏夫さん (新井サイエンス学習センター)
      木村一成さん (兵庫県立御影高等学校)
      森 恒裕さん (姫路市埋蔵文化財センター)

日時: 2012年8月11日(土) 10:00〜17:00
集合場所: 姫路駅南口じばさんビル前
(「サイエンスカフェはりま」の看板を持ったスタッフが目印です)

タイムスケジュール
10:00集合、点呼、資料配布等
10:30出発
11:15千年家(姫路市安富町皆河)到着
12:00千年家出発
12:15グリーンステーション鹿ケ壷到着
この間食事および甌穴群見学
16:00グリーンステーション鹿ケ壷出発
17:00姫路駅南口到着解散
17:30懇親会(希望者)

※スケジュールは、交通事情や現地での観察の状況により多少変更する可能性もあります。

定員: 30名程度
(先着順。ご案内できる数に限りがありますので事前にお申込みください)
参加費: 2,000円 (バス代+昼食(麦とろ定食))、昼食不要の方は1,500円
持ち物: 帽子、飲み物、雨具(小雨決行)、
(必須ではありませんがあると便利な物・・・低倍の双眼鏡、 ルーペ、虫よけスプレー、かゆみ止め、足拭きタオル)
その他
・野外で1〜2km程度の散策を行います。歩きやすい服装、お履物でのご参加をお願いします。
・バス乗車時間は片道1時間弱ほどになります。
・ひどい雨天時は鹿ヶ壺山荘でゲストが地層等の解説を行うほか、自然観や人と自然の関わり等について皆さんで語り合いたいと思います。
・ツアーは17時頃に姫路駅付近に帰着し終了しますが、「宴ん屋一代姫路駅店」でゲストを囲んで懇親会を行う予定です(会費3,500円程度)。ご希望の方はできる限り事前にお申し込みください。

申し込み・問い合わせ: 神戸大学サイエンスショップ
【e-mail】scicafe@radix.h.kobe-u.ac.jp 【FAX】078-803-7979
(電話はFAX番号と同じですが、担当者が不在の場合もありますのでご了承ください)

主催
 サイエンスカフェはりま
後援
 姫路市、姫路市教育委員会
協力
 ひょうごサイエンス・クロスオーバーネット
 神戸大学サイエンスショップ
 三菱重工業株式会社 高砂製作所

★チラシ(PDF)のダウンロードはこちら★