×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

EVENT

サイエンスカフェはりまNo.23
「ときめくときのおはなし」


内容
お昼の12時は午前?午後?なぜ明石の時刻が標準時?なぜ時計の針は時計回り?江戸時代はどんな時刻をつかっていた?うるう秒ってなに?なぜ必要なの?身近にありながら、身近すぎるからこそよくわからない「時」。 時は不思議ですね。ゲストの井上さんに時を科学して「ときめく」時を提供していただきながら改めて時間について皆さんと共に考えてみましょう。

ゲスト: 井上 毅さん (明石市立天文科学館

日時: 2013年3月12日(火) 18:30〜20:30
場所Bistrot ZEBRA(姫路市綿町63藤野ビル1F)
【TEL/FAX】 079-282-4040
アクセス: JR姫路駅中央改札口を北側(お城の方)へ、東行き2号線を右折、姫路市民会館前交差点すぐ東側の細い商店街に沿って南へ70m。板文ブライダルセンターのお向かい。徒歩約15分です。

定員: 25名程度
(ご案内できる人数に限りがありますので事前にお申込みください)
参加費: 2,500円(ドリンク・フード代)
未成年の方にはアルコール類は提供できません。
申し込み・問い合わせ: 神戸大学サイエンスショップ
【e-mail】scicafe@radix.h.kobe-u.ac.jp 【FAX】078-803-7979
(電話はFAX番号と同じですが、担当者が不在の場合もありますのでご了承ください)

主催
 サイエンスカフェはりま
後援
 姫路市、姫路市教育委員会
協力
 ひょうごサイエンス・クロスオーバーネット
 神戸大学サイエンスショップ
 三菱重工業株式会社 高砂製作所

★チラシのダウンロードはこちら★